恵み.....

NZ.Gisborn.
NZ.Gisborn.

 

宮崎からこんばんわ。

 

ここ宮崎もはっきり言って冬です。とうとう冬になり、はっきり言って冷えます。

 

普通の日本人より毛深いワタクシもズバリさむーございます。

 

 

夜空を見上げるとお月様は今にも折れてしまいそうなくらい美しいアートを描いています。

 

星たちも澄んだ空気に包まれ元気良く輝いております。

 

と思いきや、それは夕方まで。残念、現在は曇り模様。

 

 

クリスマスも過ぎ去り、また今年も過ぎ去ろうとしております。

 

当たり前の様に日は昇り、日は沈み。

 

当たり前の様に今年も過ぎ去り来年になる。

 

当たり前の様に時間は過ぎ去り、今が過去になり思い描いた未来が今になり、またその今が過去になり....

 

 

今現在、その当たり前は既に当たり前ではなくなろうとしているこの美しい地球の現実にとても申し訳のない気持で、この当たり前の様な毎日を出来るだけ感謝しながら良い波動を心掛け息しています。

 

 

ボクら呼吸する。

 

同じ様にこの地球も呼吸する。

 

 

ボクら喜怒哀楽する。

 

同じ様にこの地球も喜怒哀楽する。

 

 

全ては繋がっているし、全てはひとつだ。

 

 

それぞれの意識が少しづつでも変わってゆけば全ては川のように流れるのだ。もちろん良い方向へもそうでない方向にも。

 

ならば信じてゆくしかないのだ。

 

だってこの地球が壊れるならばボクらも含めこの地球上の全ては壊れるからだ。

 

 

海も、山も、空も、川も、風も

 

ボクらはこの地球だし宇宙だからだ。

 

 

今現在、一部の人類は非常にとても愚かだ。

 

はっきり言って今の人類は地球にとって完璧に完全に不必要な細胞たちだ。

 

 

しかし、どうゆうワケかありがたいコトに、今ここにボクらは存在してるし、息出来てるし。

 

ならば何か他にこの美しい大きな愛で包んでくれるこの地球に必要な細胞たちになる一人一人の意識が絶対に必要だ。

 

 

ひとつづつ、少しづつ何でも小さなコトからでもそれぞれ一人一人が小さな少しの意識を持つだけで、それは大きな川の流れになり海に流れ雨が降り大地が蘇るのだ。

 

 

生意気言って非常に申し訳ない。

 

 

これはただのボクの心の叫びの一ページ。

 

 

しかし、これからもボクは強くそう信じて願い行動し息をする。

 

 

良い波動と深い呼吸とそれぞれの愛を。

 

 

ありがとう。

 

 

でわまた。

 

 

素敵な夢を。

 

 

おやすみ。

 

 

バイ。

 

 

しつこいか........

 

 

 

ボンボヤージュ。

 

 

 

 

 

peace!! Shige.........